意外と知られてない!?リンパ管の働きを知ってむくみを退治しよう

こんにちわ、ナビです。
今日は意外とみんなが知らないリンパ管の説明をします。

リンパ管ってマッサージとかでは「ここにはよくリンパが通っていますからね~」という話になりますが、日常生活では全くと言っていいほど聞きませんよね。正直私も少し前までマッサージ屋が作り上げた謎の器官だと思っていました笑

「リンパといってもどんな器官かわからないし…」とうさんくさいイメージを持っていましたが結構体に大切な役目をはたしていてくれたのです。

紹介しますね!

リンパ管ってどんな働きをするの?

リンパ管というのは体中にある余分な水分や老廃物を回収してくれる「体内の排水管」のような役目をしています。

そもそも体の老廃物というのはどうやって発生するかというところから説明しないといけないですね。

まず人間は生きるために食べ物を摂取して栄養に分解しています。その分解した栄養分を体中に流して細胞へ養分を与えているのですが、栄養分を吸収した後にはどうしても細胞から排泄された汚れた成分が残ってしまいます。

この老廃物をそのまま放置していると細胞はどんどん弱って死んでしまうので体はそれを回収して分解します。この回収する役目を持った管がリンパ管なのです。

リンパ管の特徴は?

リンパ管は細胞から出た老廃物や疲労物質を運んだり体内の水分量をコントロールしてくれる、生命維持にとって非常に重要な役割を果たしているのですが実は欠点もあります。それはリンパ液を輸送するためのポンプ作用がとても弱いんです。

例えば血液だったら心臓というポンプがあって何もしなくても体中に新鮮な血液が流れるようになっています。やっぱり栄養を運ぶ重要な役割があるからですね。
しかしリンパ管の場合そのような強力なポンプがなく、筋肉が動く刺激を使ってリンパ液を運んでいるだけなのです。
だから何もせずにずっと座ったままの生活をするといつの間にか体の下のほうに溜まってしまい、むくんだという状態になってしまうのです。

なのでもし足がむくんだ場合は階段ののぼったりして足の筋肉を使ってあげたり、ふくろはぎをもんだりリンパの動きをよくしてあげないといけないんです。またスクワットやウォーキングなどで足の筋肉をつけることもいいかもしれません。

特にむくみは女性におきやすい症状です。何故なら男性のほうが女性に比べると筋力があるからです。

筋力があるということは筋ポンプ作用が強いわけだから血液やリンパ液の流れがいい。

あまりむくみで悩んでる男性ってみかけないですよね?

女性でも足の筋力をつけるとむくみ知らずの体になります。

 

エコノミー症候群を知ろう

リンパはあまり知らないって人でもエコノミー症候群は聞いたことありますよね?長い時間飛行機に乗っていることによって引き起こされる症状で最悪死にいたります。

これも実はリンパとすごい関係があって、長時間同じ姿勢でいることによって血液やリンパの流れが滞ってしまうことが原因なのです。特にエコノミークラスは座席のスペースが狭く姿勢を変えたり、足を動かすことがしにくいのでそう命名されたのでしょう。

飛行機は上空を飛んでいるため気圧が陸地より低くなってしまい、血液やリンパの流れを普段よりさらに悪くしてしまいます。

そして離陸して歩き始めたときに筋ポンプの作用の働きによって下半身の静脈の血液が急に流れ始めます。この時に血栓などがあれば地上について体を動かした瞬間に血栓も流されていってしまうのです。それが肺や脳につまってしまうと死に至るケースもでてきます。

よくエコノミー症候群の対策で血液やリンパの流れをよくするには水分補給が必要という情報が流されています。
たしかにそれも正しいのですがそれだけに頼るのではなくたまにちょっとした運動も忘れてはいけません。

よく水分をとるだけではなくたまにトイレにいったりなど足を動かしましょう。
日常生活でもいっしょのことですね

 


【リンパマッサージセルライトスパッツ】【たった14日間履くだけで下半身サプライズ】【送料無料・プレ付き】

他の人のダイエットブログも読んでみよう!

にほんブログ村 ダイエットブログ 美容ダイエットへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です