そのむくみもしかしたら肩こりのせいかも? 痛みとメンタルの影響

こんにちわ、ナビです。
今日は痛みが原因でむくみがおきることについてお話します。

むくみと痛みについて

例えばじんましんでかゆくなったり、こけてどこかをぶつけたときにかゆみや痛みがあるところが赤く腫れあがったりしませんか?

実はそれもむくみの一種なのです

痛みやかゆみがあるときは患部に炎症がおきています。すると患部の血管が広がって血液中の水分がにじみでて患部はもちろんそのまわりまでむくんでしまうのです。

肩こりが手や顔をむくませることも!

日ごろから肩こりや腰痛がある人は肩や腰に炎症がおきています。
つまり患部とその周辺まで気づかないうちにむくんでしまっているのです。

このような局部のむくみがあると全身をめぐっているはずの体内の水分のめぐりを滞らせます。そのため全身のむくみにもつながってしまうのです。

あなたは肩こりや腰痛に悩んでいませんか?そのような人はむくみを解消するためにも、その部分の炎症を抑えましょう。

肩こりや腰痛なら接骨院にいって専門家の治療を受けたり安静にして炎症をおさめましょう。

またこれは女性特有ですが子宮内膜症がむくみに影響をあたえることがあります。子宮内膜症は子宮内膜が支給以外にでき、生理のたびに出血を繰り返す病気です。

出血があると内膜周辺で炎症がおきて癒着してしまいます。そのため月経時以外にも炎症や痛みがつづくようになります。

そうすると肩こりなどと同じしくみで子宮の周辺に水分がたまり、腹部や下半身がむくんでしまうケースがあるのです。これは婦人科などで対応してもらうしかないと思います。

ストレスがむくみに与える影響

疲れていたり、ずっとイライラしていた日の翌朝って顔がひどくむくんでしまったことはないですか?
ストレスとむくみって関係ないように思えるのですがストレスによって体の水分の流れはたちまち悪くなってしまいます。そしてその結果むくんでしまうことになるのです。

体内の水分というのは血管とリンパ管を通って全身をめぐります。リンパ管自身には運動機能がないため水分をめぐらせる原動力には血管運動と筋肉運動を頼っています。血管運動を調整しているのが自律神経なのですがストレスを受けるとこの神経の働きが悪くなってしまい、その結果血流もリンパ液の流れも悪くなってむくんでしまうのです。

自律神経ってなに?

自律神経というのは交感神経と副交感神経の総称です。交感神経は緊張を、副交感神経はリラックスをつかさどっていて、交互に働いています。

例えば緊張するようなことがおきるとストレスを体が感じ、交感神経が優位に働き血管が収縮します。そして緊張がとけリラックスすると副交感神経が優位にたち血管が拡張するのです。このような血管の収縮と拡張を繰り返すことで血管運動がおき、血液やリンパ液が全身をめぐるのです。

しかしストレスを受け続けると、交感神経が優位にたち緊張状態がずっと続いてしまいます。その結果血管は収縮しっぱなしで血液もリンパ液もめぐりが悪くなってしまうのです。

むくみ解消のためにも普段からストレスをためこまないように気を付けましょう。

 


【第2類医薬品】アンメルツゴールドEX 46mL ※セルフメディケーション税制対象商品

他の人のダイエットブログも読んでみよう!

にほんブログ村 ダイエットブログ 美容ダイエットへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です