意外と知られてない? 水分との関係を知ってむくみを解消しよう

こんにちわ、管理人のナビです。
今日はむくみについてあまり知られていないむくみの原因となる水分と痛みについて解説していきます。

水ってむくんでる時は飲まないほうがいいの?

むくみについて自分で調べていると水分がたまっているのだから「水はあまり飲まないほうがいいのかな?」って思っちゃいますよね

実は飲みすぎても飲まなすぎてもダメなんです

むくみの原因は前回解説したとおり細胞内と細胞外の水分の濃度の違いが浸透圧を引き起こして細胞外に水分が引っ張られてしまうことです。

濃度の違いは塩分の取りすぎなどでもおこるんですが水分でもおこってしまいます。

細胞を鍋の中に塩がはいっているものとイメージしてみてください。
この塩分を濃くしたい場合どうしますか?

塩を入れるか水を蒸発させるのが正解ですよね

塩分が濃くなるとむくむので実は水分をとらないとむくみやすくなるのです。

反対に水分を取りすぎても体内の水分濃度が薄まってバランスを崩してしまうので適量が大事なんですよね

水分の適量ってどのくらいなの?

むくみの解消に重要なのは適量を飲んで適量を出していくということです。
適量というのは食事を含めて1日1.5リットル~2リットルくらいを指します

それだけ飲むと同じくらいの尿がでるのですが
入れたものをだすことによって体内の水分のめぐりはどんどんよくなります。

どんなものを飲んだらいいの?

ここで気を付けておきたいのがナトリウムとカリウムのバランスです。基本的にむくみを解消するポイントはナトリウム(塩分)を控えてカリウムをとるというのがむくみに対して効果的です。

なので塩分が含まれているスポーツドリンクとかはNGなんですよね

おすすめのデトックスドリンクを紹介させてもらいます♪

おすすめデトックスドリンク

カフェイン系

・コーヒー
・紅茶

これらには利尿効果の高いカフェインが含まれています。
水分をしっかり出すことは体内で崩れている水分のバランスを整えてくれるので自然とむくみをとっててくれる作用があります。

ハーブ系

・はとむぎ茶
・どくだみ茶
・杉の葉茶
・たんぽぽ茶

これらは全部利尿作用があるのですがはとむぎ茶、どくだみ茶、杉の葉茶は解毒効果もあるので老廃物を排出しやすくなります。
たんぽぽ茶についてはカリウムが豊富に含まれているので失われがちなカリウムも補給できます。

ベジタブル系

・パセリジュース
・にんじんジュース
・りんごジュース
・バナナジュース

これらの特徴は利尿効果だけではなく全部カリウムが含まれていることです。
また食物繊維もしっかり含まれているためお通じをよくしてくれることもメリットだと思います。

まとめ

水分はとりすぎてもとらなすぎてもデメリットがあります。
適切な量をとることも重要ですが、日常生活で塩分が濃いものを控えてカリウムが含まれたドリンクをとるようにするとむくみの解消へつながります。
ぜひ試してみてくださいね♪


国産はと麦茶 ティーバッグ200g(2.5g×80包)!送料無料!つるスベを続けよう! 国産ハト麦茶 【はと麦/はとむぎ茶/ハトムギ茶】【HLS_DU】【PPTB】

他の人のダイエットブログも読んでみよう!

にほんブログ村 ダイエットブログ 美容ダイエットへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です