ダイエットにいいトレーニングは?トレーニングメニューは定期的に変えよう!

昨今の日本は健康志向が高まり、運動やトレーニングに励んでいるという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。トレーニングを始めて最初のうちは脂肪が減ったり、筋肉が付いたりして体の変化があったけど続けていくうちに変わらなくなったという経験もあるでしょう。

 

そうなってしまうのには必ず原因があるのです。この悩みの一つを解消できるための方法についてまとめてみました。

筋肉を付けるためには

筋肉を付けるためにはトレーニング、栄養、休養が重要です。そのうちのトレーニングをみていきます。

同じようなトレーニングでは成長しない

筋肉には人間と同じく適応力、対応力があります。なので、毎回同じようなトレーニングをしても筋肉が慣れて成長しにくくなってしまうのです。

筋肉というのは、半年ほどで細胞が入れ替わります。その間でいかに筋肉に適切な刺激をいれるかが成長の度合いを決めています。その期間に同じ刺激を続けるのではなく、違った刺激をたくさんいれることで成長していきます。

 

トレーニングメニューを定期的に変化させよう

違った刺激をいれるためにはトレーニングメニューを変化させるのが手っ取り早いです。メニューを変化させる方法はいくつかあります。下記にまとめました。

 

トレーニングの名目を変える

どういうとかというと、同じ部位を鍛えるにしても鍛え方には種類があります。例えば力こぶの鍛え方はダンベルを使用してのアームカールやバーベルを使用したプリチャーカール、椅子に腰かけて斜めに座って行うインクラインダンベルカールといった具合にです。

 

ダンベルを使用したアームカールを長期間続けるのではなく、2週間毎であったり、1か月毎にバーベルのアームカールに変更するなどして違った刺激を与えるのです。そうすることにより、筋肉はいつもと違うことを感じ、成長しやすくなります。

 

トレーニングの回数を変える

例えば今まで10回×3セットやっていたのを重さを少し重くして8回×3セットにしてみるなどです。セット数を増やすのも効果的でしょう。関節の負担を考慮しながら、1か月に1度くらい最重量に挑戦してみるのもいいです。

 

トレーニングの回り方を変える

例えば胸と腕のトレーニングを普段は、ベンチプレス→アームカール(力こぶ)→キックバック(二の腕)という順番で回っているのであれば、たまにでいいので順番を逆にしてみるという方法です。

結果的に同じメニューをこなしても違った疲れを感じることがあります。

 

筋肉というのはやみくもにトレーニングしても成長しないです。今回は基本的なメニューの変更方法でしたが、ご自身でアレンジしながらメニューを変更していくとより楽しく筋肉を付けていくことができるでしょう。

色々と工夫しながら、トレーニングに励んでみてくださいね。

他の人のダイエットブログも読んでみよう!

にほんブログ村 ダイエットブログ 美容ダイエットへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です