フィットネスクラブの体組成の数値について

皆さんは、フィットネスクラブに通われているでしょうか?通った経験のある方はご存知かもしれませんが、フィットネスクラブには、体組成を測定する機械が置いてあります。

 

その体組成を定期的に測定して、一つのモチベーションにしている方もいらっしゃることでしょう。しかし、その体組成には、落とし穴もあります。

 

今回はその落とし穴についてまとめてみました。

 

体組成とは

 

体組成とは、脂肪、筋肉、骨の量やどの部位にどれだけの筋肉が付いているかなどといった、体の状態を表すものです。フィットネスクラブでは、機械に乗って測定をし、データが出てきます。

 

測定する機械、方法

 

体組成計という機会を使用して、測定をします。その測定の方法ですが、一般的にはインピーダンス法とよばれる仕組みで測定しています。このインピーダンス法というのは、体に電気を流し、脂肪や筋肉の量を判断します。

 

脂肪には、水分のほとんど入っておらず、このことを利用して電気抵抗を測ることで、脂肪や筋肉の量を推定しています。

 

機械によって誤差がある

 

体組成計のメーカーは、水中体重測定法という方法で性別、年齢、身長、体重別にデータを集めて、それを基に方程式を作っています。この水中体重測定法にも誤差があるので、体組成計にも誤差が出てしまいます。

 

測定する条件でも数値が変わる

 

毎日体重を測定するのであれば、毎日同じ条件で測定した方がいいというのはよく耳にします。これは、体組成にも同じことが言えます。

 

水分の量によっても誤差がでてしまうくらい、繊細な測定法です。それなのに、毎回違った条件で測定すると更に誤差がでるのが目にみえています。

 

なので、できることなら食後○時間後、運動前で同じ時間帯に測定することが誤差を少なくするために必要なことでしょう。

 

ダイエットでは見た目が大事

 

体組成の数値に囚われすぎていると、肝心の見た目に目がいかなくなり、ダイエットに失敗してしまう恐れがあります。ダイエットの一番の成功は、長期的に見て太りにくい体になることです。

 

特に体重ばかりを気にしていると、筋肉の量を見落としてしまいがちです。脂肪だけでなく、筋肉の量も大幅に落ちってしまっては、リバウンドしやすい体になるので、本末転倒です。

 

体組成や体重計の数値は気にしすぎないようにしましょう。気にしすぎてストレスが溜まっていくのもよくないです。焦らずにトレーニングに励まれることをおすすめします。


TANITA(タニタ) 体組成計 フィットスキャン FS-101-WH ホワイト (体重計/体脂肪/内蔵脂肪/BMI) 薄型コンパクトモデル【あす楽対応】【ポイント10倍】

他の人のダイエットブログも読んでみよう!

にほんブログ村 ダイエットブログ 美容ダイエットへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です