トレーニング初心者で毎日のようにフィットネスクラブに通うということは追い込めていない証拠

トレーニングに励んでいる皆さん!しっかりと筋肉を追い込めていますか?

追い込めているかどうか分からないという方は、追い込み方がうまくできていないのかもしれません。

 

トレーニング初心者は毎日できない

 

トレーニング初心者であれば、毎日のようにトレーニングすることは、まずできないはずです。

慣れていないので、筋肉の回復がゆっくりだからです。特に初心者は大きな筋肉を鍛えている場合が多いと思います。大きい筋肉になればなるほど、回復も遅くなります。

 

恐らく、筋肉痛も残るはずです。

 

毎日のようにトレーニングする人は追い込めていない

 

毎日のようにトレーニングする人は体力があるという見方もできますが、追い込めていないという見方もできます。

 

上級者になると、日々鍛える部位を変えてほぼ毎日トレーニングする人もいますが、初心者でそこまでできる人は少ないでしょう。

 

重りを動かすだけになっていないか

 

トレーニングをやっている人でありがちなのが、筋肉に利かせられていないということです。

どういうことかといいますと、ただ重りを動かしているだけということです。

重い物を動かすというのは、半分正解で半分間違いです。重い物を動かせばいいだろうという考えでは筋肉は成長しません。それは、パワーリフティングの考え方です。

 

筋肉を意識する

 

フィットネスクラブのスタッフが「筋肉を意識してトレーニングしましょう。」という言葉をかけると思います。このこと自体は正しいのですが、どうやって意識するのかということまでは教えてくれない場合が多いです。

 

筋肉を意識することで鍛えたい部位に利かせることができるようになります。

 

 

重りを動かすのではなく、筋肉を動かす

 

やみくもに重い物を動かしても、それは効率よく体全体を使って動かしているだけです。これでは、鍛えたい部位に利かせることはできません。

 

重りを動かすのではなく、筋肉を動かすという考えになれば、今までと違った感覚になるでしょう。

 

 

例えば、アームカールという力こぶを鍛える種目があります。

 

ダンベルを両手に持ち、下から持ち上げ、肩の高さまで持ってくる。という動きをします。この動きをすることで二の腕が伸びたり縮んだりします。筋肉は伸び縮みすることで鍛えることができます。

 

 

この種目をダンベルを持ち上げると考えるのではなく、力こぶの筋肉を動かした結果、ダンベルが持ち上がったという感覚がつかめるようになれば、追い込むことができるでしょう。

 

 

しっかり追い込んでいれば、毎日トレーニングはできない

 

このように筋肉に利かせる、しっかり追い込むということをやっていれば、毎日トレーニングすることはできないでしょう。

筋肉の動かし方を意識できているか、しっかり追い込みができているかを意識しましょう。


プッシュアップバー 腹筋ローラー セット 【腹筋 胸筋 腕筋 背筋 くびれ 胸板 バストアップ 筋トレ 腹筋補助 腕立て補助 Wホイール 体幹 トレーニング 筋力アップ 体幹 エクササイズ ダイエット マッチョ くびれ スタイル 夏ボディー pushup】

他の人のダイエットブログも読んでみよう!

にほんブログ村 ダイエットブログ 美容ダイエットへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です