腹筋の鍛え方の順番って気にしてる?お腹のトレーニングは最後にした方がいい理由

皆さんは、トレーニングをするときにメニューの順番は気にしていますか?どのように回るのかは意外と重要です。その中でもお腹のトレーニングをどのタイミングでするのか、難しいですよね。

お腹のトレーニングに関しては最後にすることをおすすめします。

お腹以外のトレーニングでも腹筋は使う

 

お腹以外のトレーニングをするときでも、腹筋は使っています。特にわかりやすいのが、デッドリフトと呼ばれるトレーニングです。重りを下から持ち上げていくトレーニングですが、持ち上げるときにお腹にも力をいれます。

 

デッドリフトで腹圧がない状態で持ち上げようとすると、腰が曲がることがあります。腰が曲がってしまうと負担がかかり、腰痛の原因になります。

 

トレーニングの言葉では、腹圧をかけるといいます。腹圧をかけることによって、力が入りやすくなります。

 

お腹のトレーニングは最初にしないようにしましょう

 

お腹のトレーニングを最初にすると、それだけで腹筋が限界になり、他のトレーニングをするときに力が入らなくなります。本来の力が発揮出来ないまま、トレーニングをすることになるのです。

 

また、デットリフトをしたときに怪我の原因にもなります。これらの理由があるので、最初にすることはおすすめしません。

 

お腹のトレーニングは最後に追い込む

 

お腹以外のトレーニングは終了してから腹筋をするといいでしょう。他のトレーニングで腹筋を使っているので、更に追い込むことができます。

 

腹筋は様々な角度から刺激を与えよう

 

腹筋のトレーニングとして一般的なのが、上体を起こす動作です。もちろん、このトレーニングも有効ですが、腹筋の上部しか主に鍛えることができません。なので、違った角度から刺激をいれることが必要です。足を上げる動作を行うと、腹筋の下部に刺激をいれることができます。

 

腹筋最強アイテム、アブローラー

 

腹筋を鍛えるのに最強なアイテムがあります。それは、アブローラーという道具です。価格も1000円ほどととても安いですが、腹筋を100回するより、アブローラーを10回する方が強度が高く、より効率的に鍛えることができます。

 

また、アブローラーをするだけで上、真ん中、下とお腹全体に刺激をいれることができます。

 

このように腹筋は最後にした方がより追い込むことができます。トレーニングの最初に腹筋をしていて、ばてていたという人はぜひ試してみてくださいね。

 


Readaeer® 腹筋ローラー アブホイール エクササイズローラー エクササイズウィル スリムトレーナー マット付き

 

 

他の人のダイエットブログも読んでみよう!

にほんブログ村 ダイエットブログ 美容ダイエットへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です