プロテインってなに? 効果と意味をしっかり理解しよう!

プロテインって何?薬物じゃないの?プロテインを飲めば筋肉が付くの?そういった疑問にお応えします。

プロテインという言葉を訊いたことはあるでしょうか?

プロテインと訊いてどのようなイメージがありますか?プロテインを知らない人は、薬物というイメージもあるかもしれません。

 

プロテイン=たんぱく質

 

プロテインとは、日本語でたんぱく質という意味があります。たんぱく質とは脂質、糖質と並んだ三大栄養素です。

 

そのため、薬物でもなんでもないのです。日本では、プロテインというとサプリメントのことを指す場合が多いです。

 

プロテインは、サプリメントや栄養補助食品と思っていただければ、間違いないです。体に害をもたらすような物ではありません。

 

 

ドラッグストアーでも取り扱いあり

 

プロテインはドラッグストアーにも置いてあります。ドラッグストアーに置いてある商品が薬物なわけありませんよね。

 

医薬品でもないので、特別な許可もいりません。

 

 

原材料は何か

 

とはいっても、中身が気になりますよね。得たいのしれない物を口にするのは、抵抗があると思います。

 

 

プロテインは、大豆、牛乳、卵などを工場で加工して作られています。使用している食品をみると、いかにも健康に良さそうですね。

 

 

プロテインで筋肉がつくのか

 

プロテインはあくまで補助的な役割です。プロテインを飲んだだけでは、筋肉は付かないのです。低カロリー高たんぱく質な食品と覚えましょう。

 

 

トレーニングをしっかりと行ったうえで、プロテインを摂取しなければ、飲んでも意味がないです。

 

勘違いしているかも?

 

トレーニング経験の少ない人は、プロテインを飲めば、筋肉が付くと勘違いしている場合が多いです。

トレーニングをしないで、プロテインだけ飲んでいてはお金の無駄遣いといっても過言ではありません。

 

 

ここは、勘違いしないように気をつけましょう。

 

プロテインは何のためにあるのか

 

たんぱく質は三大栄養素だけあって、様々な食材に含まれています。主に卵、魚、肉類です。では、豊富な食材があるのに何故、プロテインがあるのか。

 

一番の理由は、手軽に摂取できるからです。筋肉を付けるためには、トレーニング後30分以内に、たんぱく質を摂取するのがいいといわれています。

 

しかし、ほとんどの人はフィットネスクラブなどでトレーニングをします。そこから、30分以内に肉などを摂取するのはとても難しいです。(フィットネスクラブに持参していればできますが。)

 

そこで、役に立つのがプロテインです。シェーカーと水さえあれば、すぐに摂取することができます。これが最大の利点です。

 


【楽天最安値挑戦中】チャンピオン ホエイ プロテイン 2.2kg【チョコレートブラウニー】

他の人のダイエットブログも読んでみよう!

にほんブログ村 ダイエットブログ 美容ダイエットへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です