朝に体重をはかるべき2つの理由

こんにちわ、ナビです。
今日はダイエットの基本として体重について、そして朝にはかるべき理由を解説していきます!

自分の体重って本当は何キロなんだろう?

そう思ったことってありませんか?

「いや、自分は〇kgなのは知ってるしはからなくても…」

実は朝、昼、晩とはかってみると体重って同じ数値がでないんです

そもそも体重って何の合計なんでしょうか?

人間の体は「皮膚、骨格」+「内臓器官」+「脂肪」+「水分」からできています。

はかるタイミングで数値が変わってしまうのは水分のしわさ

朝起きて水を飲んだり、ごはんを食べたり、汗や尿を出したりする活動で体重って変わってしまうんです。

僕もよく経験があるのですが銭湯にいってお風呂はいる前にはかった体重と出た後の体重を比べて

「お風呂に入って〇kg痩せた!」

ってなったことありませんか?

入浴すること自体はダイエット的にものすごくメリットがあることではあるのですが一回の入浴で思いっきり体重が変わってしまうことはありえません笑

水分による一時的な体重の増減は人間が生きている限りしかたありませんがこういうのに一喜一憂していると心が疲れてしまいます。

じゃあ結局いつ体重をはかるのがいいの?

結論からいいますと朝に1度はかってください!

具体的なタイミングとしては朝起床後トイレにいってから食事前にはかります。

このタイミングであれば食事や飲み物で増えた分が加算されることなく、純粋な自分の体重をしることができます。

朝に体重をはかる2つの理由

1つめは上に述べてあるとおり食事前なので純粋な体重がわかることです

2つめはこれからの行動を変えれるというメリットがあります

例えば夜に体重をはかったとします。

「昨日よりちょっと増えてるなぁ…」
「明日から頑張るしかないなぁ」

こういう反省はうまれますがもう1日が終わっているのでダイエットにむけた行動がその日はおこせません。

せいぜい簡単な筋トレやストレッチくらいでせっかくでてきた「ダイエットしなきゃ!」という意識が即行動にうつせないのです。

反対に朝に体重をはかったらどうでしょうか?

「昨日よりちょっと増えてるなぁ…」

「今日から頑張ろう!」

こんなふうになりませんか?

いつも朝通勤時に買っている缶コーヒーを水に変えたり、お昼にガッツリしたラーメンが食べたくなってもヘルシーなそばにかえることができたり、仕事帰りにいつもコンビニで買っているホットスナックをやっぱりやめたりすることができますよね?

なので朝にはかるのが1番いいのです。

体重をしっかり記録しよう

せっかくはかった体重も1日頑張って働くと正確な数値を忘れちゃったりします。

おすすめな方法は体重計の近くにカレンダーを用意して毎日そこに記録することです。

自分の体重が減っているのか増えているのか一目でわかりますし、もし増えていっていたら危機意識を持つことができます。

前日と比べて0,1kg増えている日があったとしましょう

それが毎日続くと一か月で3kgの増加となります。

逆に毎日少しずつでも減っていくのもみるとダイエットのやる気もでてくるのでこの方法はおすすめです♪

ぜひやってみてください。

他の人のダイエットブログも読んでみよう!

にほんブログ村 ダイエットブログ 美容ダイエットへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です