食欲を抑えるには食欲が何かを知ろう

こんにちわ、ナビです。
今日はダイエットの天敵ともいえる食欲の正体について解説していきますね。

最後には食欲を利用したダイエット法をご紹介します!

食欲の正体とは

食欲の元々の意味を考えていくと「自分たちが生きていくために必要な栄養をとるためになくてはならない本能」というはたらきがあります。

何か食べ物を食べて数時間たつと空腹を感じはじめ、「何か食べないと」って思い食事をする。そして食事が終われば満腹感を感じるようになります。

ではこの空腹感と満腹感ってどこからでてきてるんでしょうか?

胃袋がふくれたら満腹になるんだから内臓じゃないの?と思いがちですが、実は脳にあるんです。

食事をしたときに発生する栄養素が血液中に吸収され脳に影響を与えます。

脳の「摂食中枢」という部分は空腹感を生み出し、「満腹中枢」は満腹感を生み出します。

 

食欲と食事の関係

食事をとった場合体にどのような反応がおきて、脳にどのような影響がおきるのか説明しますね。

まず食事をとった場合炭水化物が小腸で分解されグルコースという糖類の一種へと変化します。

そしてそれが血液中に吸収され、グルコースが増えると「インスリン」というホルモンが膵臓の細胞からでてきます。

グルコースとインスリンが血液にのって満腹中枢の働きを活発にさせ、摂食中枢の働きをおさえます。

これが食事のときにおこる流れです。

満腹中枢と摂食中枢に影響をあたえるものについて

食事以外にも満腹中枢と摂食中枢に影響を与えるものがあります。

1つは胃のふくらみ具合、よく肥満の患者が胃を切り取るという手術をおこないますよね?

あれは少しの食べ物が胃に入っただけでもふくらむようにさせて満腹中枢にもうたくさん食べたんだという情報を流し、食べることをやめさせるのを狙っています。

もう1つはストレス、ストレスを受け不快な気分になっているときにたくさん食べすぎてしまったというケースや食欲がわかず食べられないというケースもあります。

あれはストレスを受けるとそれに立ち向かうホルモンが体からでてくるのですが、そのホルモンが副作用として食欲を増進させる物質と食欲を減退させるホルモンを両方つくっちゃうんです。

だからどっちになるかは正直わかりません・・・

 

食欲を利用したダイエット

食欲を利用するダイエットについて解説します。ダイエットは1度おこなってもついついリバウンドしがちですが食欲とうまく付き合うとリバウンドせずに痩せることができます。

その方法とは食事の量を少しずつ減らすだけ

減らした食事量で体が満足感を得られるよう、うまくからだをだましながら少しずつ減らしていくのです

腹8分目に食事を抑えると食べ終わったあとでも少しだけおなかがすいています

ですがその食事量を続けていくとからだが「この栄養量でも大丈夫だ」と判断をしてくれるようになり、満腹中枢が働いてくれるようになっていきます

このように少しずつ食事を減らしていけば、いつの間にかそれで満足できるからだになり、体重も減って無理なくその状態を維持できるようになるのです。

食欲をうまくコントロールして痩せていきたいですね


[まとめ買い] 山と食欲と私(バンチコミックス)

他の人のダイエットブログも読んでみよう!

にほんブログ村 ダイエットブログ 美容ダイエットへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です