頑張るとダイエットが失敗する2つの理由

こんにちわ、ナビです。
今日はダイエットの意気込みが高ければ高いほど成功率が落ちてしまうという話をします。

ダイエットをしようと決めた時どのような決心をしますか?
「ダイエットすると決めたから夏までに頑張って必ず3kgは落としてやる!」

やせようと決めたときに決意が高ければ高いほどついつい頑張りすぎてしまいます。

実は頑張るとダイエットってなかなかうまくいかないんです

頑張ろうとする人はこのような行動をとってしまいます。

・夕食はもう食べない!
・ランチはもう我慢!
・毎日10km走ろう!
・やせるまでビールは禁止!

実際このような目標をたてた人は頑張っている間はたしかに体重が落ちます。

 

しかしどれも簡単なことではありません。

「雨がふっていたから走れなかった…」
「会社の送別会があったからしかたなく…」
「上司に誘われたから食べないと…」

頑張って我慢しているときにこのようなアクシデントが一度でも発生したらもうそこでダイエットが終了してしまいます。

このような「一切」「毎日」「ゼロにする」という考え方はあまりにも極端な考え方なのです。

頑張ってどんどん痩せてきてる!

こんな感覚は充実感も感じさせてくれますが実は身体に強いストレスがかかっている状態なのです。
一度頑張って痩せてもリバウンドをしてしまったら意味がありません。

ダイエットはゆるく続けられるもの
頑張る必要は一切ないので日常生活の一部にしてしまうくらい
無理がないものを行うことが重要です。

頑張るダイエットのデメリット

「ダイエットを頑張って一か月で5キロ痩せました!」

ダイエットの記事を読むとよくこういう発言があります。
しかしながら急なやせ方だとほぼ100%の人がリバウンドをおこし元の体重に戻っちゃいます。

理由は2つあります。

身体がダイエットに反発してしまう

機能的に人間は生き物なので命を永らえるために体重を急に落とすことを嫌います。頑張るハードなダイエットだと身体はカロリーが足りていない低栄養状態になります。そうすると生命の危機を感じたからだが「これ以上やせるものか!」とブレーキをかけ抵抗してしまいます。
これがリバウンドの原因になってしまうのです。

生活習慣がなおっていない

身体は今までの生活習慣が反映されているものです。
ものすごい頑張って急激に体重を落としてもまた同じ生活習慣をおくってしまえば前と同じように太ってしまいます。

しかし生活習慣を改善してゆるやかに体重を落としていったらどうでしょうか?

身体も大きな負担がかからずリバウンドモードにはいらずやせる生活習慣をおくっているので太ることはない

このようなダイエットをおこなうのがベストといえます。

まとめ

頑張って必死になってダイエットをやってるとやってる間は効果がありますが、体がリバウンドしやすくなり今まで太ってしまった原因である生活習慣がなおっていません。そのため短期間で落とした体重は短期間で戻るようになってしまいます。ダイエットは太ってしまった生活を見直し太らない生活を目指していきましょう。

DNS アミノ酸 サプリメント BCAA パウダー ディーエヌエス 集中力 サプリ 粉末 200g

他の人のダイエットブログも読んでみよう!

にほんブログ村 ダイエットブログ 美容ダイエットへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

おなかの肉を落とすことを夢見てるダイエットブロガー この世の中にはわけのわからないダイエット方法が多すぎます。 医学的や栄養学的にどうなのかというのを検証して痩せる手段をご紹介できたらと思っています。