糖質制限ダイエットが危険な理由

こんにちわ、ナビです。

最近糖質制限ダイエットが流行っていますよね。私のまわりでも友人が半年で10kgほど痩せました。

でも安全面を考えるとこれって本当に大丈夫なんでしょうか?

今日は糖質制限ダイエットや野菜のみの食生活でおこる問題について書いていきます。

3大栄養素にいらないものはない

一時的な結果を求め、極端な食生活をしてしまう人がいます。糖質カットや野菜だけの食生活、そして脂肪も抜いてしまったりします。

たしかに極端な食生活は痩せれるかもしれませんが結果的には逆効果になってしまうかもしれません。

そもそも3大栄養素(糖質・脂質・たんぱく質)は人が生きるうえで必要な栄養です。これが不足するとからだは生命維持が困難な状態になっていると判断します。

生命維持が困難な状態ではからだは余分な脂肪を減らそうと思わないのです。非常タンクみたいなものなんですから。

たとえ体重が減ったとしてもそれは健康を害している状態なのでからだにはよくありません。

 

糖質カットでおきる弊害

糖質制限を続けていると、当然ながら体の中の糖質が枯渇します。

そうなると自分の筋肉を分解して糖質に変換してしまい、結果的に筋肉を減らすことになってしまいます。

これで体重が落ちても筋肉も落ちているので基礎代謝が落ちています。ということはリバウンドしやすいからだに自分からしてしまうということになっちゃうんですよね

また「そのことは知っている!プロテインもしっかり飲んでいるし肉を食べているから大丈夫だ!」というご意見もあるかもしれません。

たしかに筋肉の減少をおさえるにはいいかもしれません。しかしたんぱく質や脂質が多すぎる状態になると悪玉コレステロールがたまりやすくなってしまいます。

そうなると血管がボロボロになって傷みやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞をおこしてしまう危険が…

糖質制限を世に広めた桐谷秀樹さんが急死されたのもなにか関係があるのではと思ってしまいますよね…。

 

タンパク質カットでおきる弊害

こちらは魚や肉を食べない野菜中心の食生活のケースですね。

上の説明と被ってしまうのですが筋肉というのはたんぱく質からできています。たんぱく質は筋肉の材料でもあるため不足していると筋肉は減ってしまう一方です。

これもまた基礎代謝が落ちるのでリバウンドしやすいからだになってしまうんですね

 

脂質カットでおこる弊害

脂質というのはどうしても目の敵にされやすいですが、完全に油断ちはよくありません。

脂質はホルモンの材料になるので脂質をカットすると体脂肪を減らすのに必要なホルモン分泌が減少してしまいます。

特に女性などは女性ホルモンの減少により肌荒れや生理不順をおこしてしまう可能性もあります。また脂肪には脂溶性ビタミンというものが含まれており、無理な油抜きダイエットをするとビタミン不足による肌荒れやにきびができたりします。

 

なにごともほどほどが一番ですね


【送料無料】-10Kg こんにゃくラーメン部門135週以上1位獲得!ダイエット■ダイエット食品 こんにゃくラーメン 24食 糖質制限 こんにゃく麺 置き換えダイエット ラーメン 糖質制限食 低カロリー 酵素 サプリ と一緒にダイエット 低糖質 低GI ロカボ 02P03Dec16

他の人のダイエットブログも読んでみよう!

にほんブログ村 ダイエットブログ 美容ダイエットへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です