意外と知らない生姜の効果?生姜ダイエットとは

こんにちわ。

今日は生姜の効能について解説していきます。

みなさん生姜って普段とっていますか?

何年か前に日本では大ブームをおこしましたが今はそのブームは下火になっています。

でも生姜は古くから日本で食べられており、平安時代の貴族たちの間では生姜を風邪薬として使っていました。

そんな生姜ですがどんな効能があるのか調べてみるとものすごい効果があったので説明しますね。

生姜ってどんな効果があるの?

生姜というとからだをあたためてくれるイメージがありますよね。ですがそれ以外にもたくさんの効能があるのです。

からだをあたためてくれる

生姜に含まれるジンゲオールが血行を促進してくれ、からだをあたため冷え性を改善してくれる作用があります。

体をあたためるだけで得られる3つのメリットでも解説したとおり体をあたためる=痩せやすくなるです。

医学的にも体温が1度下がると代謝は12%、免疫力は30%低下するといわれています。

免疫力を高める

白血球の数を増やし動きを促進してくれるので免疫力がアップします。

発汗作用

血管を拡張し、血行をよくするため発汗作用があります。

咳を鎮める

脳の中枢を刺激し、咳をおさえてくれます。

解熱作用

市販の解熱剤とほぼ同等の解熱作用があります。

鎮痛・消炎作用

生姜をとることでリウマチや関節炎に効果があったという医療データがあります。

血液凝固を抑える

血小板の粘り気をおさえて血液凝固を防いでくれます。そのため血栓ができにくくなるので脳梗塞や心筋梗塞などを防いでくれます。

胃腸の消化吸収能力を高めてくれる

胃腸に含まれているジンジべインという成分はたんぱく質分解酵素であり、消化吸収を助けてくれます。

胃潰瘍を防ぐ

生姜には約7種類の抗潰瘍成分が含まれています

吐き気を抑える

二日酔いや船酔いなどの吐き気を抑えてくれる効果があります。

酸化を予防する

体内の活性酸素を除去する働きがあり、アレルギーや免疫疾患のほか老化の予防や改善に役立ちます

解毒作用

血液の循環をよくするとともに、発汗や排尿、排便を促してくれます。

 

ものすごい効果がありますね笑 しかもどれも現代人が予防・改善したいものばかりではないでしょうか

特に漢方の世界では生姜の効能は認められており、医療用百数十種類の漢方のうち7~8割に生姜が使われています。

風邪薬として有名な葛根湯にも生姜が使われていますよ

 

どうやって食べたらいいの?

ここで気になるのはどうやって食べたらいいかですよね

ひとくちに生姜といっても生ですりおろして食べたり、刻んだり、乾燥パウダーだったりチューブだったりと…

実は堅苦しく考えなくてもどんな食べ方でもオッケーなんです

ただできるだけ多く口にする習慣を取り入れれば健康効果を期待できるのです

もちろんコンビニとかにある生姜はちみつレモンのジュースでも大丈夫ですよ

また生姜はあくまでも食材であって薬ではないので1日にどのくらい食べるべきなのかは決まっていません。

毎日手軽におやつとしてコンビニの生姜の入ったおやつを食べてもいいので気楽に試してみてくださいね♪

 

何かもっと手軽にとる方法はない?

といっても毎日手軽に生姜をとろうとすると結構お金がかかっちゃいますよね

コンビニのおかしやドリンクでも1カ月毎日買っていたら3000円を超えてしまいます。

それにカロリーだってバカになりません。

ダイエットのつもりで生姜を買っても毎日おかしやドリンクで数百カロリーをとってしまうと逆に太ってしまったということにもなりかねません

そんな時におすすめしたいのがサプリで生姜をとるという方法です

サプリでしたら毎日コンビニで買うよりも安く、生姜をしっかり配合されているので効果も期待できます。

特にサプリでおすすめしたいのが【金時生姜の恵】です。

これの特徴は主原料が生姜の王様といわれている金時生姜を使っていること

これにはからだをあたためてくれる成分であるジンゲオールが普通の生姜の4倍も含まれています。

料金は送料込みで1280円で1か月分入っています。1日40円ちょっとで試せるのはうれしいですよね

また継続での価格でもあるのですがこれは継続回数のしばりがないこともおすすめできるポイントです。

効果を感じられなかったり、自分に合わなくてもすぐやめれるどころか返金保証までついています。

ただ毎月200人だけの先着限定キャンペーンですので、試してみたい方はお早めに注文されることをおすすめします▼


他の人のダイエットブログも読んでみよう!

にほんブログ村 ダイエットブログ 美容ダイエットへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です