綺麗に痩せるための睡眠法の3つのルール

前回の記事ではしっかりした睡眠をとると1か月で1kgも体重が変わるという話をしました。

でもしっかりした睡眠をとるにはどう眠ったらいいかが疑問ですよね。

今日はしっかりした睡眠をとるためのルールを説明させてもらいます!

睡眠と時間の関係を意識しよう

睡眠と時間は眠っている間の脂肪燃焼効果を見込める痩せホルモンの働きに影響します。

その効果を高める時間についてご紹介しますね。

夜中の3時までには眠ること

痩せホルモンがもっとも分泌されやすい時間は夜の10時から夜中の3時までです。

夜更かしはあまりよくないですが3時までに眠っていればギリギリとはいえ痩せホルモンの分泌タイムに間に合うのです。

眠ってから3時間はまとめて寝る

痩せホルモンというのは眠りについた直後から3時間まとめて分泌されます。

そしてその後はほとんど分泌されないこともわかっています。

そのため徹夜中の仮眠でも3時間は寝るべきですね。

トータルで7時間は寝る

健康的に痩せたいのなら7時間は必ず眠ることです。

睡眠時間と肥満の関係についてはアメリカでも研究されており、コロンビア大学では論文でしっかりと結論が述べられています。

睡眠時間7時間の人に比べ、5時間の睡眠では肥満率が52%あがり、4時間では73%も高くなったと書かれています。

このことから睡眠時間が7時間より少ない人は少なくなるほど太りやすくなるということが読み取れますね。

寝る直前の筋トレはやめよう

ダイエットを意識している多くの人が寝る前にちょっと腹筋をしてみたという経験はあるはずです。

ダイエットでどうしても気になるところがお腹であり、まっさきにスリムになってほしい場所ですよね。

でも寝る直前の筋トレは間違っています。

寝る直前に腹筋運動のような激しい動きをしてしまうと自律神経のうちの交感神経と呼ばれるところが刺激され、からだが日中と同じように目覚めてしまい覚醒してしまうのです。

それで眠れなくなりからだの疲れが取れにくくなったり、ホルモンの分泌が減って脂肪の燃焼が減ったらマイナスですよね。

でも寝る前のストレッチやおなかを凹ませるくらいの軽い運動はからだをリラックスさせてくれるのでおすすめですよ。

こちらもおすすめですよ▼

運動強度は脂肪の消費に関係ない?お腹をへこませるだけダイエット

寝る前のスマホやパソコンはやめよう

眠れなくてスマホをいじっていたら余計眠れなくなってしまったという経験は誰もがあると思います。

その原因は液晶からでてくるブルーライトなのですが、実はこれ太陽光と同じなんですよ

朝起きて太陽光を浴びたら目がさめてくるのは誰もがあることですが、こんな光を寝る直前にあびていたら眠れなくなるのも当たり前ですよね。

以上が痩せるための睡眠ルールでした。

誰でも今日からできるのでやってみてくださいね!

【関連記事】

誰でもできる睡眠ダイエットの効果って?

夜ふかしさんのためのダイエットサプリの効果は?痩せホルモンを知ろう!


グリシン サプリメント 【リラクミンナイト】 ギャバ ( GABA ) トリプトファン など配合 睡眠薬 ではない メラトニン セロトニン 更年期 【メール便送料無料】【10P03Dec16】

他の人のダイエットブログも読んでみよう!

にほんブログ村 ダイエットブログ 美容ダイエットへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です