非加熱食品ばっか食べるローフードダイエットってどうなの?

ローフードダイエットって聞いたことありますか?

あまり言葉からイメージはできませんが、生のもの(あるいは48度以下で加熱したもの)しか基本的に食べないというダイエット法です。

加熱すると失われてしまう酵素をそのまま体内に取り入れると、体内のデトックス効果や新陳代謝が高まりダイエット効果が得られるという理論でおこなわれているのですが、酵素を摂取するために生の食品しか食べないというのもちょっと極端すぎます。

まずおさらいもこめて酵素について解説しますね。

酵素ってなに?

酵素というのは食べたものを分解する消化吸収の働きと身体の中にある物質を分解してエネルギーに変える働きがあります。

酵素がなければ栄養のある食事をとってもしっかりと栄養を吸収できなかったり、代謝が落ちてしまって1日の消費カロリーが減ってしまうということがあります。

詳しくは酵素の記事でまとめてあるので見てみてくださいね▼

酵素で痩せるのはうそ?酵素の仕組みをしろう!

ローフードダイエットの問題点ってなに?

人類が食材に火を通し始めて得たメリットを完全に捨てています。

食材にも火を通すことで吸収がよくなるものもたくさん存在しますし、肉や魚、卵などは火を通すことで細菌が死滅するため安全に多量に摂取できるようになりました。

科学的にも人類は火を使って料理することを覚えたからこそ、多種多様な食べ物の摂取が安全に消化できるようになり、肉や魚などのたんぱく質の吸収を効率的にできるようになったからこそ脳が飛躍的に進化したということが明らかになっています。

もちろん加熱した加工食品ばかり食べる食生活も火に弱いビタミンや酵素が不足するという問題がありますが、いまさら原始時代の食生活に戻るのは愚かなことだと思います。

そもそも日本人はどのようなものを食べているかというのを考えてみてください。

和食だと生の刺身や発酵させた納豆やつけものを意識しなくても食べますよね。

日本人は生の食材と火の通った食材をバランスよく食べる健康的な食生活をしています。

欧米式の生の食材をほとんど食べなかったり伝統的な発酵食品もないような食生活をしている欧米人がこのような食生活をするのならまだわかりますが、日本人の食生活は生と加熱食品のバランスがうまくとれているのでそれを無理にローフードに変えるメリットはないと思います。

私たちの祖先が作り上げてきた伝統的な食生活から完全に離れたダイエット法は日常生活で大きなストレスを感じますし、医学的栄養的にもおすすめできないことが多いです。

極端な食生活をするよりも和食などのメニューを増やして食べていくほうが健康的だと思います。

【選べる特典付】BE-MAX RAW FOOD 50 (40g×21食入) ビーマックス ローフード50 酵素ダイエット 正規販売店 正規品(選べる特典付き)

他の人のダイエットブログも読んでみよう!

にほんブログ村 ダイエットブログ 美容ダイエットへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です