ダイエットの減量の目安って知っている?

 

ダイエットに励んでいる皆さん、どのくらいのペースや期間で体重を減らしていこうと取り組んでいるでしょうか。

 

体重を落とすのにも、目安となるペースがあります。長期的なダイエット成功のためにも急激な減量は控えましょう。

 

 

ダイエットの目安は1ヶ月2kg

 

減量の目安とされているのが、1ヶ月で2kg落としていくということです。なので、1週間で500gずつ落としていくことになります。これよりも速いペースで落としていくと、様々な弊害が発生してしまいます。

 

エネルギー不足になってしまう

 

急激に体重を落としていくということは、それだけエネルギーが足りない状態になります。食事を制限し、トレーニングは頻繁に行うためです。体重は摂取カロリー<消費カロリーとなったときに落ちていきます。

 

あまりにも速いペースで体重を落としているときは、この摂取カロリーと消費カロリーの差が大きいです。この差が大きければ大きいほど、エネルギーが不足しているということになります。

 

 

エネルギー不足が続くとどうなるの?

 

エネルギー不足が続くと体によくないことが起こります。

 

 

① 免疫力が落ちる

 

エネルギーが足りないことで免疫力が落ちます。しっかりとした食事を摂取することで人間の免疫力は保たれています。その免疫力がなくなると風邪を引きやすくなったりします。

 

 

② 集中力がなくなる

 

摂取したエネルギーというのは、体を動かすだけでなく、頭を動かすエネルギーにもなります。そのため、エネルギー不足になると集中力がなくなります。普段はできていたことでも、注意力が散漫になってミスを犯したりすることがあるでしょう。

③ 筋肉量が減る

 

体重を落としていくうえで最も理想的なのが、筋肉は残しつつ、脂肪を減らすということです。そうすることで、引き締まった体ができあがっていきます。

 

しかし、エネルギーが不足することで筋肉内にあるたんぱく質をエネルギーとして利用することがあります。例えば、空腹時にトレーニングをしたときなどです。

 

筋肉はできるだけ残したいのに、その筋肉内のたんぱく質がエネルギー源として利用されてしまっては、トレーニングをしてる意味が分からなくなります。

 

 

リバウンドしやすくなる

 

急激に落とすことで、リバウンドしやすい体になることもあります。筋肉を付けるということより、体重を落とすということにフォーカスしてしまい、筋肉も同じくらい損失する恐れがあるからです。

 

リバウンドしにくい体にするためには、筋肉を付けることが大切です。

 

このように急激なダイエットは体にとってよくないことが分かると思います。体重はゆっくり減らしていきましょう。

他の人のダイエットブログも読んでみよう!

にほんブログ村 ダイエットブログ 美容ダイエットへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

おなかの肉を落とすことを夢見てるダイエットブロガー この世の中にはわけのわからないダイエット方法が多すぎます。 医学的や栄養学的にどうなのかというのを検証して痩せる手段をご紹介できたらと思っています。