子供から学ぶ!腹八分目を守るべき理由

小さいお子さんがいる方や親戚に子供がいる人ならわかると思いますが、子供にはものすごく太っている子ってほとんどいないですよね。

人間には元々スリム体型を維持してくれるセンサーのようなものがあります。

前回の記事ではスリム体型の成人から学んだ空腹についての話ですが、今回の話は人間の本能的に備わっている太らないセンサーの話をしますね。

子供から学ぶ人間の本能的なスリム維持センサーってなに?

思春期までの子供のほとんどが健康的なスリム体型です。

子供たちをよく観察してみると彼らは「おなかがすききるまで何か食べようとはしません」。

おなかがすいていないと、大好きなおかしやハンバーグがあっても知らん顔してずっと遊んでいます。

そしていざ食べ始めても「おなかがパンパンになるまで食べない」のです。

いくら大好物のものがあってもおなかが満たされるとさっさと食卓を離れてしまいます。

親からするともったいないと思って食べないの?まだ残っているよ?と声をかけてしまいますよね。

でも彼らは「もういらない!これ以上食べると苦しくなるもん」というのです。

彼らは常に腹八分目あたりで満腹だと判断して食事を終えているのです。

この本能的な食べ方をみているとこんなループになっています。

腹八分目まで食べる

しっかりからだを動かしてエネルギーを使い切る

おなかをしっかりすかせてから次の食べ物を食べる

このような食べ方を繰り返しているとカロリー過多になって太ってしまうことがないのですね。

じゃあ私たちの食べ方はどうなんでしょう?

大人の食べ方は何が悪いの?

大人になってしまうとこの満腹ラインがおかしくなってしまい腹八分目どころか腹十分目までしっかり食べきってしまうように変化してしまいます。

その原因は「残すともったいないし、作ってもらった人に申し訳ない」という道徳観を成長過程で刷り込まれてしまったから。

また仕事に追われていて満腹を感じる暇がないほどの早食いをしてしまったり、ドカ食いをしてしまう習慣がついてしまったこともいえます。

特に残すともったいないという道徳観は子育て中のお母さんを太らせてしまいます。

子供は自分たちの満腹ラインで食べ物を残してしまいますが、その片づけをするお母さんはもったいないからと思って食べてしまっていませんか?

まず自分の胃袋をゴミ袋代わりにするのをやめましょう。

道徳的に食べ物を残すことに罪悪感を感じるかもしれませんが、おなかいっぱいになったら残すという努力もダイエットには必要です。

フーディアチコリ180粒(フーディア 満腹ダイエット 空腹 抑える 健康食品 食欲抑制剤 チコリ 食欲抑制サプリ 食欲抑制サプリメント ギムネマシルベスタ ギムネマ チコリー ダイエット ダイエットサプリメント サプリダイエット 健康 さぷり)【あす楽対応】【HLS_DU】

他の人のダイエットブログも読んでみよう!

にほんブログ村 ダイエットブログ 美容ダイエットへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です