ダイエットには有酸素運動と筋力トレーニングのどちらが適切なのか

ダイエットをしたいという方で有酸素運動と筋力トレーニングはどちらを優先的に行っているでしょうか。どちらを優先すればいいかわからないという方の為に両者について説明していきます。

 

ダイエットには種類がある!?

 

皆さんはダイエットと聞くとどういったことを想像しますか?私は2種類あると思っています。

脂肪を減らす方法

・筋力をつける方法

 

この2種類です。まず1番について説明します。

脂肪を減らすということですが、極端な食事制限とランニングなどの有酸素運動によってダイエットする方法です。単純に体重を落とすことです。この方法は女性が行なっていることが多いです。しかし、この方法でダイエットをしていると大変なことが起こります。

 

栄養素が足りないので体に様々な不調が出る

 

炭水化物を抜くダイエットなどをしている人がいますが、炭水化物を抜くことは危険です。炭水化物は栄養素の中でも最初にエネルギーとして使われます。これを抜いてしまうと力が入らなくなり、やる気もなくなってしまうのです。

このように体にとってよくないことがよくわかります。

 

有酸素運動のみで痩せる

 

有酸素運動のみで痩せるというやり方もダイエットに向いているとはいいがたいです。

 

有酸素運動のみを行なうということはウェイトトレーニングをしないということになります。そうなると筋力まで低下していく可能性があるのです。有酸素運動をした後に体重が減っている場合は水分と筋肉が落ちたことによる減少であることが多いです。そこで喜んで更に有酸素運動を続けていくと筋肉の量が減っていくだけです。

 

それに加え、有酸素運動で消費されるカロリーというのはそれほど高くありません。1時間したとしてもご飯一杯分程度にしかならないこともあるのです。

 

 

 

続いて筋力をつける方法について

 

ダイエットで筋力をつける!?という方もいるとは思いますが、健康的に痩せたい、見た目を変えたいというのであればこちらをお勧めします。ダイエットというよりはシェイプアップやボディメイクという言葉が当てはまるのかもしれません。筋力をつけると体重が増えてしまうのではという質問もあります。確かに筋肉というのは脂肪よりも重いです。

 

例えばAさん→身長170センチ体重70キロ、

Bさん→身長170センチ体重65キロ

この二人がいたとしてAさんの方が筋肉量が多ければAさんがスリムに見えるのです。ダイエットをしてしまうと体重に目がいきがちになりますが、大切なのは見た目なのです。

 

筋力をつけることによるメリット

 

  1. リバウンドしにくい体になる
  2. 疲れにくい体になる
  3. 姿勢がよくなる
  4. 自分に自信がつく
  5. 女性に多い骨粗鬆症や膝関節症の予防
  6. 肩こりや腰痛の予防、改善

 

などたくさんのメリットがあるのです。なので有酸素運動を多めにしている方は筋力トレーニングを少しずつ多めに取り入れていくことをお勧めします。

 

筋力トレーニングと有酸素を組み合わせよう

 

最も健康的にダイエットをする方法は適度な食事制限と運動です。運動では、筋力トレーニングと有酸素運動を組み合わせて行っていきましょう。筋力トレーニングを行った後に有酸素運動をした方が成長ホルモンの関係で、脂肪が燃えやすいといわれています。なので、筋肉をしっかりと追い込んだ後に早歩き程度でいいので有酸素運動をしましょう。

 

栄養、睡眠も大事

 

いくら適切な運動をしていても栄養や睡眠が不足していたら効果が激減してしまいます。過度な食事制限はやめて、質のよい睡眠も心がけて健康的に体を変えていきましょう。

 

以上がダイエットに関する記事でした。体重などの数字に囚われすぎずに、見た目で判断した方がいい方向に進むと思います。

読んでくださってありがとうございます よければポチっとな♪

にほんブログ村 ダイエットブログ 美容ダイエットへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です